定年退職祝いランキング!

花なまえの詩

花なまえの詩

定年退職される方の名前から「あいうえお作文」のように、詩を創作してくれて、関連する挿絵とともに描いてくれるサービスです。今、定年退職のプレゼントにかなり人気になっています。

 

人気の秘密は、定年退職の独特な特徴からです。

 

定年退職祝いというのは、他の「お祝い」と少し違ったところがあります。
それは、「お祝い」でありながら、少し寂しさが伴うところです。
人によっては、「お祝い」と呼べるのか、疑問を持たれる人もおられます。

 

定年退職はお祝いなのか?

私は、「お祝い」だと思っています。
感覚的には、「卒業祝い」に近いのではないでしょうか?
何かを達成したとか、到達したとかではなく、次の人生の始まり。
門出を祝うのだと思っています。

 

だから、お祝いの品は、少し華やかさがあって
それでいて、歩んできた軌跡も残っているようなものが喜ばれます。
その両方を兼ね備えたのが、花なまえの詩です。
華やかさは、見たままなので、わかるでしょうから
「軌跡」について、少し補足します。

 

歩んできた軌跡を残すプレゼント

花なまえの詩は完全オーダーメイドで、作品作りに参加できるんです。
だから、いろいろな要望を聞いてもらえます。

 

例えば、詩の部分に社名を入れて欲しいだとか
背景の挿絵は、会社の建屋にして欲しいだとか
挿絵の洋服は、会社の制服にして欲しいとか

 

花なまえの詩
花なまえの詩

 

こういう挿絵の入った額を眺めるだけで、会社勤め当時のことを思い出せます。
ただ、思い出すだけでは、感傷に浸ってしまうだけです。
でも、詩の部分が人生の門出を祝う部分。人生の応援歌です。
「よ〜し、立ち止まっていられない。前に進もう」、そんな気になると思いませんか?
こういう部分が、今、定年退職祝いに人気の秘密です。

 

詳しくはホームページで確認してみてくださいね。
⇒⇒⇒花なまえの詩、ホームページはこちら

 

 

 

毛利達男「名前の詩」

 

毛利達男名前の詩

定年退職のプレゼント、もはや定番なのが、毛利達男さんの「名前の詩」です。 ネットショップを開いてから12年。口コミで評判になり、なんと5万8000台以上を販売しています。信用第一のこの業界で、愛され続けている老舗です。

 

「名前の詩」は、定年を迎えた方の名前から「あいうえお作文」のように、詩を創作し、縁起物の絵を描いて、額縁に入れてくれるサービスです。

 

材料にもこだわりがあります。
キャンパスの和紙。和紙職人が丹精込めて作ったものです。
機械では表現できない肌触りと温かさ。人間味を感じさせます。

 

少し寂しさのある定年退職に、過ぎ去りし昭和を思い起こす、和紙と墨の温もり。
そして、人生を応援する詩。
定年退職のお祝いには、心を感じるプレゼントを贈りませんか?

 

気になるお値段も10,500円からと、とってもリーズナブル。もちろん送料は無料です。
納期も、営業日より 最短2日製作発送。

 

定年退職は終わりではありません。人生において、定年退職は始まりです。
大切な人の「新しい人生の門出」には、それに相応しい感動のプレゼントを!

 

 

 

 

 

 

 

名入れラベルのお酒ギフト

飛騨の酒

お祝いにお酒は付きもの。定番です。退職される方がお酒を好きなら、やっぱりお祝いはお酒ですよね。ただ、お酒と言って、近くの酒屋さんに売っている物を贈っても感動はありません。

 

そこで、おすすめしたいのが、こちらのお酒。「お酒のラベル」に、オリジナルの名前を入れてくれるお酒ですが、ラベルだけではありませんよ。中味も特別です。

 

こちらのお酒は、江戸末期安政二年(1855年)創業の飛騨乃酒「山車」。江戸・明治・昭和の激動の時代を十代に渡って、伝統を守り続けてきました。
淡麗だけど、しっかりとした芳醇な米の旨みを
「奥伝 飛騨流厳冬寒造り」にて醸しだしています。

 

豊富で、清らかな北アルプスの天然水と良質の飛騨産米。
これらを原料に、厳しい冬季寒仕込みにより、じっくりと醸しだされた味わい。
定年退職される方も納得の深みです。

 

定年までの過ぎし日々を振り返るのに必要なお酒は、
表面的なことではなく、作る側のお酒への想い入れだと思います。
想いは目には見えませんが、味には現れるもの。
飛騨乃酒「山車」は、それに相応しいお酒です。

 

 

 

 

 

 

 

 

琴線に触れる定年退職祝い

2017年に定年退職される方は戦後すぐに生まれ、激動の昭和を生きてこられました。

 

戦後焼け野原だった日本を汗にまみれ、油にまみれながら必死で働いて、復興させたのは紛れもありません、あなたのお父さんやあなたの上司です。

 

そんな大切な方の定年退職です。
お疲れさまでした。そして、ありがとう!
そんな想いで退職祝いを贈りたいですね。

 

 

 

 

 

「人気の定年退職祝いプレゼント」

今までは60歳定年というケースが多かったのですが、高齢化社会ということもあって、65歳定年という企業も増えています。

 

だからといって、退職祝いのプレゼントに変化があるわけではなく、定番は健在です。

 

ただ最近は、既製品よりもその人だけのために作られた
「オリジナル商品」がとっても人気があります。人気の秘密は特別感です。

 

今定年退職を迎えている方は、欲しい物を買えるだけの余裕がそれなりにあります。
欲しい物は自分で買います。

なので、「特に今欲しい物はあまりない」という方が多いです。

 

欲しい「物」はないから、「特別感」だったり、プレゼントする人の「想い」だったり、感情や心に響くものが喜ばれているのだと思います。

 

そこで完全オーダーメイド、抜群の特別感を演出する人気の退職祝いをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴