名前の詩、比較

なまえの詩といえば、「花なまえの詩」と「毛利達男さん、名前の詩の贈り物」がすごく人気で、有名なショップですが、「どっちがいいのだろう?」と悩まれている方も多いです。ということで、「花なまえの詩」と「毛利達男さん、名前の詩の贈り物」を比較してみました。

 

特に名前の詩は、還暦・古希・喜寿・傘寿・米寿の長寿祝い、退職祝い、金婚式に大人気。今やお祝いの定番ともいえるプレゼント、贈り物です。プレゼント選びの参考にしてください。

 

 

項目 花なまえの詩 毛利達男、名前の詩
作品 名前の詩はどっちがいい?【花なまえの詩・毛利達男の贈り物】お祝いプレゼントに 名前の詩はどっちがいい?【花なまえの詩・毛利達男の贈り物】お祝いプレゼントに
作風 華やかで、明るく、楽しい作風 どこか懐かしく、落ち着く作風
おすすめポイント 花びら一枚に至るまで、しっかり描かれています。その分、納期はかかるものの、クオリティ・もらった時の満足度はすごく高いです。 こだわりの和紙は、熟練の職人が手間ひまかけて漉いているものです。手作り感から、作品の温かみをより引き立ています。
相手 お花を扱っているところから、お母さんお祖母ちゃんなど女性向けの印象ですが、お父さんお祖父ちゃんとの連名におすすめ。 男性女性を意識することなく、贈れるプレゼントです。特に昭和を感じる懐かしさから、長寿祝いには最適。
アトリエ場所 京都市伏見区 大分県臼杵市佐志生
実績 創業10年、制作数30,000件以上 開設14年、制作数65,000件以上
納期 2週間程度 通常7〜10日
送料 無料 無料
サービス 熨斗・メッセージカード・ラッピング・完成作品のカラーコピー 手描き和紙包装・手さげ袋・メッセージカード・完成画像
特典 無料会員登録

会員登録で300円お得

早得割引

31日以降後のお届けで10%オフ

価格(税込み) 11,880円〜 12,960円〜
ホームページ 花なまえの詩のホームページ

毛利達男 名前の詩の贈り物

 

 

デザインの比較

毛利達男、名前の詩贈り物のデザイン


 

 

詳細は⇒ 毛利達男 名前の詩の贈り物

 

 

花なまえの詩のデザイン


 

 

 

 

プレゼントに迷ったら

お祝いや人生の節目にプレゼントを贈る時、何を贈ったらいいか迷ってしまうことってありますよね。
よく知っている人ならある程度は好みもわかっていますが、そうでない場合もあります。
せっかくプレゼントです。他とは少し違う物を贈りませんか?

 

自分の名前が入った物をプレゼントされるのは、もらう方からしてみれば意外と嬉しいものです。
でも、名前を入れるとしても、好みに合わない物だったら、せっかくのプレゼントも霞んでしまいます。

 

花なまえの詩

 

そんな時にオススメなのが、花なまえの詩です。
贈る人も作品作りに参加できる、ハンドメイドポエムを制作してくれます。
人生の節目やお誕生日のプレゼントに、その人の名前とオリジナルキャラクターやお花を盛り込んで
世界にたったひとつのポエムを作ってもらえるんです。

 

構成的には

一番上の文字に、ひらがなで贈る人の名前。
その名前の文字から始まるポエムが続く、という仕組みです。

 

作品には贈る人の要望にも対応してもらえます。
孫から祖父母へ、子から親へと
家族ならではのエピソードなども交えて、オリジナルのポエムを作成してもらえるのです。

 

オリジナルイラストには、縁起物のフクロウや干支の可愛らしいキャラクターもあります。
幸せを呼ぶと言われている青い鳥や、ハートの形をしたお花などバリエーションも豊富です。
色紙はハガキサイズから超特大の色紙まで9種類の大きさから選べます。
色紙を飾れる額も4種類。

 

花なまえの詩スタッフ

 

花なまえの詩は、想いを形にできるプレゼントとして、とても喜ばれています。
特に長寿祝いには、定番と言っていいほどの人気です。

 

 

 

 

プチ花なまえの詩

最近、字数・絵柄などに制限はあるのですが、
「プチ花なまえの詩」という税込10,800円(小)と税込13,500円(大)の商品が発売されました。
額もコンパクトで可愛いですよ。
かなりコストパフォーマンスもいいので、こちらもおすす。

 

プチ花なまえの詩

 

詳細は⇒プチ花なまえの詩はこちら

 

 

 

 

 

毛利達男「名前の詩」は、こんな商品

毛利達男「名前の詩」という商品をご存知でしょうか?

 

毛利達男さんの名前の詩
知らない方にとってはどんな商品かイメージしづらいかもしれませんが、これはいわゆる詩になります。
詩を作成している方は毛利達男さんで、お店の名前が毛利達男「名前の詩」の贈り物です。
今この名前の詩が非常に高い人気を集めています。
人気の理由は名前の詩がよくある詩とは少し違うからです。

 

名前の詩という名称通り、詩は贈る相手の名前の頭文字を使って作成します。
たとえば、「たかし」という名前の方に贈るなら「た」「か」「し」がそれぞれ詩の頭文字になるわけです。
そのため世界に1つしかない詩を大切な人に贈ることができます。
記念日などの贈り物として購入される方が増えてきているのです。

 

詩は14種類、3アイテムから自由に選べる額に入っています。
詩が書かれている和紙は、和紙職人が1つ1つ手作りしている逸品。
さらに手描きの縁起物の墨彩画も描かれいます。もちろん詩の文字も手書き。
日付なども入れることができますので、記念日の贈り物としては最適です。

 

価格

使用する額などによって変わります。
リーズナブルなものから豪華なものまで幅広商品を選べます。
価格的には、1万円台のものから6万円台。
予算や記念日に合わせてぴったりのものを見つけられますよ。

 

注文は、インターネットから簡単に行えます。
面倒な手間がかかることもありません。

 

毛利達男とスタッフ

 

他のどこにも売っていない唯一の詩を大切な人に贈ることができる。
もらう側にも贈る側にもいい思い出になるはずです。

 

詳細は⇒ 毛利達男 名前の詩の贈り物

 

 

 

 

記念の日のプレゼントに評判の毛利達男の名前の詩とは

大切な人の記念日に毛利達男の名前の詩を贈る方が増えています。
この毛利達男の名前の詩とはいったいどういうものなのでしょうか。

 

毛利達男の名前の詩とは、文字通り名前が入った詩のことです。
大切な人の名前を頭文字に使いオリジナルの詩を作ってもらえるわけです。
つまり世界で1つしかない詩を相手に贈ることができます。
詩は注文時にこちらから伝える情報を元に作られるので、その人にぴったりの詩になるのも特徴。
笑顔や夢といったポジティブな単語が使われます。

 

詩はすべて和紙に手書きで書かれ墨彩画も描かれます。
見た目にも非常に綺麗。
詩そのものにも相手のことが書かれています。
贈り物として最適でしょう。

 

額に関しても16種類から自由に選べます。
オーダーメイドによるオリジナルの額で詩を飾れば、一生の思い出になりますよ。

 

最近では、贈り物をする時も市販の物を贈ることが増えていますが、やっぱり手作り。
手作りされた贈り物には心が感じられます。
名前の詩は手作りなだけでなく、その人のためだけのオリジナルの詩が書かれています。
もらう側としても非常に嬉しいのではないでしょうか。

 

誕生日をはじめ各種の記念日に名前の詩を贈れば喜んでもらえます。
インターネットから注文ができるので、お住まいの地域に関係なく利用できるのも利点です。

 

大切な人に他にはないオリジナルの贈り物がしたい時は毛利達男の名前の詩の贈り物。
感謝の気持ちを伝える方法としてもぴったりでしょう。

花なまえの詩の申し込みから実際に届くまでの流れ

花なまえの詩は申込をしてから実際に手元に届くまで、どんな流れになっているのでしょう。
注文時にスムーズに手続きを進めるためにも、流れを把握しておきましょう。

 

注文

基本的な流れは、インターネットでもFAXでも電話でもほぼ同じです。
たとえばインターネットの場合、商品ページから希望する商品を選び、画面の指示に従って商品をカートに入れます。
次に支払い方法の選択。
お届け日時を選んでその情報を送信しましょう。

 

注文が受け付けられると、連絡先メールアドレス宛てに確認のメールが届きます。
その後、改めて担当者の方からメールが来て、後日に詩の内容が提案されます。
その内容でよければ商品の製作開始。
完成するとその写真がメールで送られてきます。
完成品を確認。
最終的に問題がなければ、発送という流れになります。

 

基本的には、ホームページの指示に従って必要事項を入力。
その後は、送られてくるメールの確認をしていけば何も問題ありません。

 

最初に詩の内容についての確認。
その後に完成品の画像も見れるため、届いてからここはこうしたいと思うこともない仕組みになっています。
非常に対応が丁寧です。
安心してお任せできますよ。
こちらの希望もできる限り対応してくれるので、注文時に伝えておきましょう。

 

花なまえの詩は誰でも簡単に注文でき、発送までの流れもわかりやすくなっています。
難しいことはありません。
わからないことは電話なども利用して、スタッフに直接確認するのがいいでしょう。
親身になって応えてくれますよ。

更新履歴