MENU

出産祝いのメッセージ

何かおめでたい節目を迎えた際は、メッセージを送りますよね。
プレゼントに添える事もあれば、遠方の方に対しては電報を送ることもあります。

 

こうしたメッセージは出産祝いでも同じ。
メッセージを贈る際、文面には様々と気を配ります。
出産祝いにも避けておきたい言葉などがありますから。

 

オーソドックスな出だし

「ご出産おめでとうございます」「赤ちゃんのお誕生おめでとうございます」から始まります。
手紙や電報にも「○○ちゃんのご誕生おめでとう」「母子共に無事に出産おめでとう」などはよく使われる言葉です。
他にも「◯◯ちゃんに新しい家族が誕生したことがとても嬉しいです」などが例として挙げられることがあります。

 

続く文章としては、「子育てはこれからが大変でしょうが、ご夫婦で力を合わせて…
ささやかですが、お祝いの品とさせて頂きます」などメッセージカードに書くと喜ばれます。

 

「美しく健やかに成長されるようお祈り申し上げております」は、女の子向けに使われることが多く、
「元気に大きく成長される事を祈念しています」などもあります。
知人との関係性により、「これからはママ友としてよろしくね」「素敵なパパとママになってね」など。

 

締めの文章

「ご家族三人幸せな家庭をぜひ築いて下さい」「健やかなご成長をお祈りします」
「落ち着いたらお会いしたいです」「またお逢いできる日を楽しみにしてます」などを使います。
遠方の方に送る時には、「遠いこの地より皆様の幸せをお祈りしています」。

 

出産祝いで贈り物をする際には、こうした挨拶を添えることを忘れずに!
例文を参考に、ご自身の気持ちを込める言葉を選んでくださいね。

出産祝いのメッセージカードに書いた言葉

「出産祝いのメッセージカードに書いた言葉」ということで、色んな方に聞いてみました。

 

相手に合わせて

出産祝いのメッセージカードの言葉は、相手に合わせて変えました。贈る相手が目上の人の場合には、「出産おめでとうございます。家族が増えて賑やかになり、大変な時期かもしれませんが、体を壊さないように気をつけてくださいね」と書き、相手が親しい友人への出産祝いのメッセージカードの言葉には、「無事出産おめでとうございます。ささやかですがお祝いの気持ちです。また、親子揃って会える日を楽しみにしています」と書きました。

 

出産後すぐは、睡眠時間も短く体調も万全でない場合も多いため、長文は避けるようにしました。また、友人あての場合は、相手の好みがある程度わかっているので、カード自体も好みに合わせて選びました。

 

なかなか子どもが出来なかった元同僚に

先日、元同僚が女の子を出産しました。彼女はなかなか子どもを授からなくて心配していたのですが、やっと待望の出産と言うことで、一緒に働いていたスタッフ全員が喜んでいます。

 

「子育てに専念したい」と言うことで退職したのですが、その後もたまにお茶を飲みに行ったりと交流は続いています。出産祝いも品物だけでは味気ないので、スタッフ全員でメッセージカードに言葉を書いて贈ることにしました。

 

伝えたい言葉がたくさんあって、どんな言葉をメッセージカードに書こうか迷いましたが、シンプルに心を伝えるものにしました。「ご出産おめでとうございます。これからは赤ちゃんも一緒の幸せな生活を楽しんで下さいね」という言葉です。出産祝いとしてふさわしい言葉になったのではないかと思っています。

 

年上の大切な友人へ

「ひょっとすると私達は出会っていなかったかもしれない。今こうしてお祝いできる、奇跡のような出会いに感謝!ベビーちゃんもいろんな奇跡をくぐり抜けてパパとママに会いに来たんだろうね」

 

習い事で出会った、年上のとても大切な友達が初めての子供を出産した時、出産祝いに添えたメッセージカードに書いた言葉です。伝えたい言葉がたくさんありすぎて、書き出すまでにとても時間がかかりました。肝心の出産祝いを選ぶよりもカードの方が苦心しました。実際に書いてみると長すぎて、小さな字でメッセージカードが埋め尽くされていました。

 

生きて来た場所も年齢も違う、普通なら出会うことの無かった人。たまたま同じタイミングで同じ事に興味を持って同じ教室に通ったから、出会えた人。巡り合わせは全て奇跡なんだという思いを込めたメッセージです。

二人目の出産祝い人気ランキング