MENU

出産祝いの「のし」には

のしを漢字で熨斗と書くのですが、贈答品や祝儀袋などに添える飾りのことを指しています。
のしは日本の固有の文化で、古来より縁起物として使われたり神仏に供える神饌などとしても使われ、近年では身近なところで文具店やコンビニなどで販売されている祝儀袋にも付いています。
特に結婚式向けのご祝儀袋の場合には水引きなども合わせて飾られ、華やかな雰囲気が漂うものとなります。
またお中元の品物を贈る際に、あらかじめ水引などが印字された紙を品物に貼り付けることがあり、それ以外にも出産祝いなどをはじめとして他の慶事でも度々用いられています。

 

まずプレゼントをする品物に張り付けるのし紙は、○○祝いなどとあらかじめ表書きが印刷されているタイプと印刷されていないタイプの二通りがあります。
表書きが印刷されている場合は、真ん中に走る水引の上段に出産祝いの文字が書かれていますので下段にご自身の名前を書くことになります。
ご夫婦で贈る場合には夫の氏名を書いて左側に妻の名だけを書き、また複数人で送る場合には友人一同や経理部一同などのように記載します。
のしの文字入れをサービスで行ってくれるところもありますので、利用するのも一つの方法です。

 

またお祝い金を贈る場合にはご祝儀袋に入れますが、袋にはのし紙と同様に表書きや氏名も入れることになります。
最近では伝統的なデザインのものだけでなく可愛らしいものやキャラクター付きのご祝儀袋などもありますので、相手との関係性や好みなども踏まえて選択しましょう。

二人目の出産祝い人気ランキング