母子手帳ケースの収納性

母子手帳ケースとポーチの大きな違いは、収納性にあります。
「一つにまとめる」という意味で、母子手帳をポーチに入れて、持ち運びしている方も多いようです。
もちろんポーチでもいいのですが、母子手帳ケースは母子手帳の収納がメイン。
今後必要となる診察券や、健康保険証などを入れておくポケットが多く作られています。
使い勝手は全然違ってきますよ。

 

増え続ける書類・資料

また、説明用紙や資料などは、増えてくる一方です。
収納スペースもたくさん必要となってきます。
母子手帳ケースは、失くしそうなもの全てを一つに収納できて、簡単に持ち運びできるとても便利なアイテムなのです。

 

 

母子手帳ケースの種類

本当に豊富です。
有名ブランドのものから、レザーケース・キャラクターケースなど。
探せば、自分の好みに合ったものが、いくらでも見つかりそうなくらい、バリエーションに富んでいます。

 

収納物

母子手帳ケースには、「母子手帳」や「診察券」「保険証」の他に「エコー写真」「乳幼児医療費助成金受給者証」「お薬手帳」「予防接種のスケジュール表」「筆記用具」など、入れたいものがたくさん。
全て入るくらいの収納力があれば、重宝します。

 

 

要望

「何かあった時のために、お金を入れておきたいので、チャックやボタンが付いたポケットが欲しい」
という方もいます。

 

実際に使ったことがある方ならば、「こんなケースが使いやすかった」「こうなっていれば良かった」
など意見もあるでしょうが、初めて使う方は分からないことも多いでしょう。
だから、どんなものがいいのか?迷ってしまうかもしれません。

 

使い方や感想は、人それぞれです。
先輩ママからの情報を参考にしながら、自分にとって使いやすく、便利な母子手帳ケースを見つけて下さいね。

お薦めの母子手帳ケース

人気の母子手帳ケース

オススメの母子手帳ケース